2015年01月15日

台湾・台北桃園空港のイミグレでトラブル

今年の正月早々に台北に行った。


すると、入国審査で従来もあった顔写真の撮影に加え、

指紋採取が始まっていた。


韓国でも、同様の指紋スキャンが始まっていたが、

台湾も準備しているとは知らなかった。

正月早々、若干面食らってしまった。


悪いことをしない予定なので(笑)、関係ないといえば関係ないが

あんまり気分のいいものではない。


とはいえ、日本のイミグレも外国人の指紋スキャンをしているので

お互い様といえばその通り。。。


台湾では、帰国する出国審査のときに同行者のひとりが

「入国記録がない」

とかでいったん止められる騒ぎにもなった。

もちろん、すぐに誤解がとけて無罪放免となったが、

チェックすると入国スタンプは捺してあったので、

係官のミスであるのは間違いない。

そこはちゃんとやってもらうしかない。


日本でももちろんそうだけれど、

とくに外国では官憲のお世話にならないよう過ごしたいものだ。


posted by 中田秀太郎 at 18:34| Comment(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング